令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは、
やはり「令和」であります

 令和初のまちづくり集会は、都府楼区からスタートです。
現在太宰府市がすすめる、
新元号「令和」記念『時の旅人プロジェクト』~時空を超えて1300年~
を中心に、一連の「令和」対応について、みなさんに情報提供しました。
「令和」対応としては下記のとおりです。

 対応❶ 記帳所の開設で・・・15,850人記帳
 対応❷ 「令和」人文字で・・・1,500人参加
 対応❸ モニュメント作成(ふるさと納税による)で・・・300件申込み
 対応❹ 「令和」クリアファイルの販売で・・・7,100枚販売
 対応❺ 無料駐車場の開設

 これを受けて、以下、参加者の皆さんとのやりとりです。
 ・・・自分 ・・・参加者の皆さん
突然の「令和」の盛り上りを、一時的なブームで終わらせたらいかんですよね。
 この盛り上りを太宰府市のために長~く引っ張るためには、さらなる対策が必要では
 ないかと思うのですが、皆さんのご意見・アイディアをいただけんでしょうか・・・
 というわけで・・・
令和プロジェクト➊

ところで、どんな体制で対策を検討してるの?
下の写真のようなメンバーで検討しているようです。
う~ん・・・有識者、商工関係者、市民なんかが入った作業部会は無いの?
市民会議というのをやったらしいのですが・・・
先ずは、実働的な検討体制の構築が急務じゃないかな!
 そんなわけで・・・
意見❶
令和プロジェクト➀

ところで、大人の固い頭で考えるより、児童・生徒・学生の意見を聞くのはどう?
昨年の12月に、中学生による子ども議会ってのがありました。そうそう・・・
市内にデザイン科・芸術科がある高校があったよね。それ、活用せねば!
福岡農業高校は、企業とご当地商品を開発している実績があるし、ですね。
キャンパスネットワークとかいう、大学生の協力もありかもよ!
 そんなわけで・・・
意見❷
令和プロジェクト➁

「令和」の恩恵を、太宰府市だけで独り占めしてはよくないのでは?
「独り占め」なんて滅相もない!課せられた宿題としては重過ぎるくらいです。
じゃ、いっそのこと筑紫地区全体で広域的な対応策を検討して、「令和」の
 恩恵を筑紫地区のみんなで享受するってのは、どう?
特急停車駅と宿泊施設がある筑紫野市とは、特に密接な連携が必要ですね。
福岡県の支援・連携も必要ですよ。「令和」人文字に知事も入ってたし。
 そんなわけで・・・
意見❸
令和プロジェクト③

現在進行中の対応では、この盛り上りを維持するのは難しいと思うのですが・・・
先ずは、短期計画(すぐやる)ことと、中期計画(じっくりやる)ことを同時に
 進める必要があるのでは!
なんで長期計画はいらんのですか?
はぁ~、長々と計画しよったら、「令和」ブームは終わってしまうでしょ!
なるほど!
 そんなわけで・・・
意見❹の壱(すぐやることのイメージ)
令和プロジェクト④-1

 そして・・・
意見❹の弐(じっくりやることのイメージ)
令和プロジェクト④-2

みなさん言いたい放題ですが、中期計画はお金がかかりそうですよ。
 とりあえず、太宰府市はふるさと納税とクラウドファンディングということかな。
呼びかけを工夫すれば、全国から浄財・寄付を集めることができるのでは!
福岡県とは、市長と知事の人文字のご縁もあることだしね。
中期計画の構想によっては、国の支援が必要かもよ。
新元号「令和」は、国民全体の慶事だからね。
 そんなわけで・・・
意見❺
令和プロジェクト⑤

 この「令和」の盛り上りを、一時的なブームで終わらせないために、
都府楼区➡つつじヶ丘区➡吉松区と集会を重ねて、皆さんからいただいた貴重な
ご意見・ご提案を、しっかりと活かしてまいります。


人気ブログランキング