市民力太宰府 / 木村彰人

木村あきとの活動日記

2015年08月

●体育複合施設のパッと見進捗状況(8月27日時点)

01c428f407155de4ee1d20e5c13d0c37a66a0da3a6

●体育複合施設 8月27時点の進捗状況です!

屋外大階段部分の工事に着手しています。(オレンジの部分です。)

いよいよ9月2日から、太宰府市議会第3回(9月)定例会が始まります。
注目は、体育複合施設関連の補正(追加)予算です。
事前配布の資料によりますと、2億2,280万円の増額が上程される予定です。
増額内容の内訳は、空調設備、移動観覧席、雨水ろ過設備であろうか・・・
詳細については、本会議の提案理由説明によるところでしたが、
なんと、本日の新聞各紙に、補正予算の方針が発表されていました。

新聞報道によりますと、(ちょっと情けない情報ソースですが)
増額内容については、上記に加えて備品購入費を含むとのことです。
気になるのは、同施設と市民プールをつなぐ連結ブリッジについてです。
太宰府市の方針として、連結ブリッジの設置をとりやめたということでした・・・

そもそも、この連結ブリッジなんですが、
体育複合施設と、道路(歩道付き二車線道路)を挟んで隣接する市民プールを一体的
利用するため、利用者の動線を考えて設計された設備のはずなんですが・・・
もちろん必要のないものであれば削減されてしかるべきなんですが、利用者の安全性や利便性に関わる設備については、専門家の意見を聞きつつ慎重に判断しなくてはなりません。
予算金額だけの問題ではないと考えます。

ちなみに、プールが繁忙期の7・8月は、多くの親子連れが駐車場のある体育複合施設側からプール側へ、この道路を横断することになるんです。交通誘導員を両側に配置・誘導するとしても、十分安全を確保することができるでしょうか?
それこそ、人件費としてのコストが、将来的にかかり続けることになるんです・・・

これからしっかり検討しなければならない方策としては、
施設の管理運営におけるコストダウンと、施設稼働率のさらなる向上、そしてなにより、公共施設としての多機能・複合化でないかと考えます。
いかがでしょうか・・・


人気ブログランキングへ

●太宰府歴史展2015はすごい!

01205f2050cfff7ac5fee776818c05a8404c9a133c

●太宰府歴史展2015はすごい!

太宰府市文化ふれあい館で開催中の、太宰府歴史展をのぞいてみました。
先史・古代~中世~近世~近現代におよぶ2000年の歴史を、
なんと、ワンフロアーで展示しちゃってます!(写真を撮れないのが残念・・・)
太宰府の歴史をギュッと凝縮した展示を、かわいいキャラクターが説明するかたちで、
パノラマ風に眺めることができます。
堅苦しい歴史展示の概念をぶっ飛ばす斬新な展示、
歴史通の方には少々物足りなさがあるかもしれませんが、
小さなお子さんからお年寄りまで、気軽に楽しめる展示だと思います。
自分にはちょうど良いレベルで、新たな発見もありました。

また、ポスター・パンフレットがよくできてるんです。
そしてこれ、なんだと思いますか?

01fff651bbcdaa0252be38ff374547963f523d1198

これ、古代山城大野城の ペーパークラフト なんです!
白村江の敗戦の後、日本の守りを固めるために築かれたのが、
水城とこの大野城です。今から1350年前のことです。
山の頂上部分を土塁と石垣でぐるりと囲んだかたちをしています。
この山城を無理やりペーパークラフトにするとこのとおり・・・

たぶんですが・・・
この前作の第一弾が水城堤防なのですが、
水城堤防は立体的でペーパークラフト向きだったんだと思います。
そして、第二弾の大野城、
山城の微妙な凹みを紙で表現するのは至難の業だったにもかかわらず、
挑戦しないわけにはいかなかったのではないでしょうか。
組立は折々が複雑で、出来上がりはすごく微妙ですが・・・
手元に置いておきたい一品です。

016c032090c93aaf13fed6f39f41e975a7fddb1239_00001

そして、文化ふれあい館の横にそびえたつのが、
筑前国分寺七重の塔・・・
1/10スケール模型です。
模型が5.4mだから・・・本物は54mもあったんですね。
説明によると、
実物の完成当初は、柱が朱色、壁は白色、窓格子は緑色にぬられて、
先端の相輪が金色に輝いていたそうです。
この模型のコンセプトとして、
もし今日まで保ち続けていたら、このような感じになるのではという思いで、
古色で仕上げているとのことです。
塔の横に立って記念写真といきたいところですが、残念、
センサーで厳重に警備されておりますので、ご注意を!

太宰府歴史展2015、11月3日まで開催しております
ぜひお越しください (^_-)-☆


人気ブログランキングへ

●台風一過

image

●台風15号の被害あり

自宅近くの小学校です。
ブランコに直径60㎝超の倒木が直撃!
ブランコのパイプがMの字になってます。
当日、臨時休校で何よりでした・・・
みなさんのお宅は大丈夫?

01f6788a539f992f6856b6cad6669744e8245e1288

●太宰府市議会第3回(9月)定例会の議案書です

本日、9月議会の議案書をいただきました。
1.議案書
2.平成27年度太宰府市補正予算書
3.平成26年度太宰府市歳入歳出決算書
   他、全15冊の資料
これ、今週中に全部読み込んで準備します!
そして、今回も一般質問いたします (^_-)-☆


人気ブログランキングへ

●福岡県市議会議長会 議員研修会 のつづき

01da357aa1d5f83fa693f062cf67db638422183582


●福岡県市議会議長会 議員研修会
講演の内容をかいつまんで・・・

◆講演② 「地方創生に向けた地域の活性化」
一般財団法人 日本経済研究所
専務理事・地域未来研究センター長 鍋山  徹 氏
ワールドビジネスサテライトのコメンテーターでもお馴染みとのご紹介・・・
その時間帯、違う番組視てました ^_^;

講演の話のつかみが、𩸽(ほっけ)の話でした。
居酒屋でお馴染みの魚です。
「うおへん」に花と書いて、「ほっけ」です。
実物は薄茶色の地味な魚で、全然っぽくないんですが・・・
どうやら、幼魚が薄緑色で、集団になると花畑のように見えるからとのことでした?!
他説、北海道の桜の季節(5月~6月)に、あぶらがのっておいしくなるからとも・・・
それでは、本題に・・・

・地域資源の三要素 ヒト・モノ・カネ
ヒト ⇒トロイカ体制 事例:湯布院温泉
トロイカ(三頭立ての馬車)のように、一つの経営理念(ビジョン)を三人でつくり上げて維持していく組織体=活動第が理想
三つの個性がまじめな魂= 経営理念(ビジョン)を共有すれば、周辺に良い影響を及ぼして、長期的な持続性が出てくる
^_^; 同じ目標を持った三人というのがキーワード?
        三人寄れば文殊の知恵、三本の矢、三銃士等々、昔からの数がいいのかも。    
        一人だったら挫折してしまうことでも、三人だったら簡単にやめれれないですしね!
モノ⇒地域の個性を活かす 事例:ハイライン(ニューヨークの廃線路)
廃線になった高架鉄道を、そのまま公園として再整備、
その結果・・・
賑わいのある公園に変わり、犯罪が激減、都市公園に再生されたことで、付近の不動産開発が活発に・・・
^_^; 地域に元々ある財産に気づくということか!
        あまりにも当たりまえ過ぎて評価してないもの・・・
        他所の人から指摘されて、はたと気づくことありますよね。あれです。
カネ⇒地域の価値を換金化 事例:クラウドファンディング
クラウドファンディングとは、賛同するアイディアやプロジェクトに対して、誰でも簡単に寄付や少額のお金を支払うことができるネット上の仕組みのことです。
^_^; 特定の目的に対して出資を募るこのシステムは、財源基盤が弱い太宰府市にとって、
        おもしろい取り組みではないでしょうか。
        すでに、鎌倉市が「かまくら想い」プロジェクトを始めています。      

・地方創生
生産性の向上で紹介された ハウステンボス 変なホテル
変わり続けることを約束するホテル・・・なんだかカッコいい! 
コンセプトデザインは、
   追い求めたのは「究極の生産性」
   徹底的な効率化のために導入した先進技術は、滞在の快適性や楽しみももたらしました
   http://www.h-n-h.jp/
結構うけてるようです・・・


人気ブログランキングへ

●第12回 福岡県市議会議長会 議員研修会

0174b7722fc993a60058bff5fd2809aeb2617051de

●福岡県市議会議長会 議員研修会
講演の内容をかいつまんで・・・

◆講演① 「地方財政の現状と課題」
全国市議会議長会 政務第一部 部長 澤田 淳一

・国と地方の財政について
税収の不足分を国債(借金)で埋め合わせた結果、
借金の残高は年々増加して・・・
平成27年度末で、なんと、807兆円に上る見込みです。
税収が伸びないにもかかわらず、歳出を増やし続けた結果です。
^_^; と言われても、景気回復対策やら、社会保障費の増加やら、止むに止まれぬ事情もね
ちなみに、地方の借金も、199兆円に上る見込みです。
^_^; 限度はあるものの、市債(市の借金)で今年度も事業をやってるし・・・

・プライマリーバランスの黒字化?!
うーん、難しい経済用語ですが・・・
要は、借金をしないで、収入と支出のバランスをとって黒字経営にするとのこと。
国と地方のプライマリーバランスを、2020年度までに黒字化する目標を掲げています。
^_^; 果たして達成することができるのでしょうか・・・
             社会保障費等の支出は増える一方なんだけど・・・
                    地方は国のふところ事情なんて心配する風でもないし・・・

^_^; 結構なボリューム資料を頂きました
       1時間程度の講演時間では、全てを丁寧にご説明頂くことはできませんでしたが・・・
       国の財政健全化は、国・政府だけで解決できるものでなく、
       地方も国の財政に配慮しつつ、自治体運営をしなければならないと言うことでは。
       しかしながら、自治体も生き残り?に必死で、もらわにゃ損的な風潮もあり、
       国の財政は、なぜか遠い他人事のような感じがするのも事実・・・
       自治体も、国の財政を我が事のごとく考える感覚が必要です。
       当然、「そんなお人よしではをするだけ」とのご批判も頂いておりますが、
       国が破綻すれば地方も共倒れになるのですから・・・
       やっぱり、我が事感覚でまいりましょう!
 

人気ブログランキングへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

PROFILE
1964年 福岡市生まれ

●おもな学歴
1977年 佐賀市立勧興小学校 卒業
1980年 福岡市立住吉中学校 卒業
1983年 福岡県立福岡高等学校 卒業
1988年 北海道大学 農学部 卒業

●おもな職歴
1989年 北海道開発庁 北海道開発局
1993年 民間会社勤務
1995年 財団法人 久留米市開発公社
1996年 久留米市役所
2014年 久留米市役所 退職
2015年 太宰府市議会議員
ギャラリー
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • 令和になって初めてのまちづくり集会のテーマは・・・
  • ●太宰府市民力通信(第23号)
  • ●太宰府市民力通信(第23号)