市民力太宰府 / 木村彰人

木村あきとの活動日記

●太宰府市民力通信(第23号)



●太宰府市民力通信(第23号)

平成最後となる今回の市民力通信は・・・

表面

 新元号『令和』で盛り上がる太宰府市ですが・・・
ここはひとつ冷静になって、基本的なことをしっかり押さえたいと言う訳で、
「新元号令和にまつわる基礎知識」です。
来訪者の多くは、大宰府展示館の「梅香の宴」ジオラマを見てから、
坂本八幡宮に向かうようですが・・・
大伴旅人邸の場所については3説ありまして、
ちなみに、「坂本八幡宮地区」については屋敷跡などの遺構は確認されていません。
「政庁東側の月山地区」からは、庭園の一部と思われる玉石敷き溝が出てきました。
また、菅原道真がいた南館の東側にあったとする「榎社周辺地区」説があります。
せっかくですから、これら3説の場所を巡ってみるのはいかがでしょう?
 
 旅人の人柄の一端がうかがわれる、酒を讃むる歌13首から2首を取り上げました。
よほどお酒が好きだったのでしょうが、厳しい運命から一時でも逃れる手段だったの
かもしれません・・・いやいや、歌の内容からは悲壮感はないようなので、やはりただの酒好きだったのでしょうか。
「中途半端に人間でいるよりは、酒壺になって酒に浸されていたいなぁ~」という気持ちの表現ですが、何だかすごく伝わってきますよね。
「酒を讃むる歌」から万葉集を読み始めると、奈良時代それ以前のの歌人が身近に感じられるのかもしれません。

市民力通信(第23号)表
PDFでご覧になれます(^^ゞ
https://drive.google.com/file/d/1OBAtWTt0HQ-cROmfUd0kfoSbvi-_3bDC/view?usp=sharing


裏面
 テレビニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが・・・
太宰府市で今年度から始まる、小学校のプール授業の民間委託についてです。
市内7つの小学校の内、水城小学校と水城西小学校の水泳授業が民間委託になります。
水城小学校は、民間スイミングスクール(2箇所)を利用、水城西小学校は、市民プールを利用して、民間の水泳指導者が実技指導を行います。
 先行モデルとしては千葉県の佐倉市の取組みのようです。
佐倉市の状況は、既に2つの小学校のプールを廃止、水泳授業を民間委託しています。
さらに取り組みを拡大しようと全プール(小学校23校、中学校11校)の集約化を
進めるために、検証のための調査を行うとのこと。
平成31年1月末までに調査報告書を作成し、市として方針を決めるのだそうです。
本市の取組みについても、2兆学校の実施状況を今後注視してまいります。

 そして、太宰府市議会の議長選挙についてです。
投票結果は、投票総数17について、
陶山議員6票、門田議員6票、小畠議員2票、神武議員2票、長谷川議員1票と、
かなり票が割れる結果でした。
同数の二人がくじ引きの結果、陶山議員が議長に選ばれました。
くじなんてと思いますが、公職選挙法第95条の規定に基づくものなんです。
今回の議長選挙では、立候補制の導入と所信表明の実施は見送られましたが・・・
今後太宰府市議会では、議会基本条例にこれらの内容を盛り込むことになりました。
ちなみに、立候補制による議長選挙が行われるのは次期改選後になります。
徐々にではありますが、議会改革ご進みつつあるものとご理解ください。

市民力通信(第23号)裏

PDFでご覧になれます(^^ゞ
https://drive.google.com/file/d/1qLPXLPh9TGpg2dXUAxvN-PrOeodkIqqm/view?usp=sharing



まちづくりランキング

●太宰府市民力通信(第22号)



●太宰府市民力通信(第22号)

新年初となる今回の市民力通信は・・・

表面

太宰府市の2018を振り返って考えた・・・
「太宰府市の2019は猪突猛進で行こう!」です。

2018年の太宰府市5大ニュースを考えてみたのですが、
新市長誕生で新体制となりましたが、総じてあまり動きのない一年だったと思います。
本年は亥年ですのでそのまんま、2019は猪突猛進でグイグイ行きましょう!
2019年を振り返って、大きな成果の5大ニュースをご報告できますように。
市民力通信(第22号)表
PDFでご覧になれます(^^ゞ
https://drive.google.com/file/d/1m8KqcjYiKKpaxmefDwbkA9ixL6zu9SuF/view?usp=sharing

裏面
12月に開催された「こども議会」についてです。
子ども議会と言っても、中学生の質問の内容は子どもレベルではありません。
課題をズバリと指摘し、解決策を堂々と提案する姿は見事でした。
大人の既成概念にとらわれないストレートな視点は、本物の議員もタジタジなのでは。
市役所・執行部の回答が、中学生の質問に答えきれていない感じでした・・・
市内4中学校の質問から、今回は太宰府中学校を取り上げました。
市民力通信(第22号)裏

PDFでご覧になれます(^^ゞ
https://drive.google.com/file/d/1nd_Jc0QoMaCYAYT0dJwo2ritwQtNELqM/view?usp=sharing


まちづくりランキング

マミーズ(太宰府店)閉店から考える!

本日の 「まちづくり集会 in つつじヶ丘公民館」 では、
マミーズ(太宰府店)閉店の衝撃ニュースをお伝えするとともに、
マミーズを中心とする、五条駅周辺の課題と展望について、
参加者のみなさんと考えてみました。
そもそもこのニュースは、前回の都府楼共同利用施設での集会で、
参加者のお一人との会話から・・・
(参加者) 木村議員、マミーズ太宰府店が今月末で閉店するの、知っとーね?
(自分) えぇっ!全然知りません。何ですかそれ。えらい突然じゃないですか!
 今朝マミーズに告知張り紙がしてあったよ。情報が遅かねー(笑)
  このままじゃ法人税収が減っちゃうよ!
と言う訳で、さっそく調べてみたところ・・・
マミーズ(30店舗)の大黒天物産(岡山県倉敷市)への譲渡に伴い、下記8店舗が
閉店になるとのことでした。
この8店舗が、譲渡の対象から漏れた原因・理由まではわかりませんが・・・
おそらく不採算店舗であるからと思われます。
さて、問題は本市にある閉鎖対象の太宰府店についてです。


五条再開発

 みなさん、マミーズ太宰府店が閉店するとどうなるでしょうか?
  建物は太宰府市の所有なので、賃料(年額約4,000万円)と法人税収の減です。
  影響はそれだけではないと思うのですが、いかがですか?想像してみましょう。
 ココの店舗は地区の高齢者の利用が多かったのですが、店舗の閉店で先ず
  困るのは、高齢者ではないかな。買物困難者が増えるだろうね。
 五条周辺にある団地(青山・梅香苑)の人たちも、不便になりますね。
 建物の2階は公共施設(いきいき情報センター)があるのだけど、
  1階のマミーズ部分が大きな空家空間になると、防犯上、維持管理上どするの?
 取りあえず、余計な仮設工事が必要になるでしょう。
  それから、どうなると思いますか?
 マミーズ太宰府店がなくなると・・・五条地区が衰退するだけでなく、周辺団地も
  買い物が不便な、選ばれない団地になってしまうのではないかな。
 一昔前までは、太宰府市の賑わいはどこかと尋ねたら、五条地区でしたね。
  今回のマミーズ太宰府店だけでなく、じわじわと店舗の閉店撤退が進んでいます。
  商売が成り立たない地区になってしまったのでしょうか。
 西鉄五条駅は、大学・短大の最寄り駅で、学園通りという道路もあるくらいです。
  五条地区の賑わいが失われた状態では、筑紫女学園大学・福岡女子短大の
  女子学生にとてっても、つまらん街に映ってるんだろうなぁ。
 いよいよ、大学・短大も撤退ということにもなりかねませんね。

以上、参加者みなさんと想像してみた、五条地区と周辺エリアの恐ろしい現実です。

五条再開発➁

 太宰府店の閉店の影響は、いろんな分野に拡大することが想像できましたが、
  そもそもの原因部分について考えてみましょう。
  なぜ、マミーズ太宰府店が閉店に至ったのでしょうか?
  五条地区が太宰府市の賑わい地区でなくなったのはなぜでしょうか?
 五条地区の不便な部分を考えてみると・・・・
  狭い県道35号線、改良が必要な交差点、狭い一方通行道路、要整備な歩道
  建物敷地の区画が変型・狭小・・・
  近くに3号BPがあり、西鉄五条駅、県道、後背地には大型住宅団地、大学・短大の
  最寄り駅といった、好立地条件であるにもかかわらず、スゴク残念!
 つまり、五条地区が持つポテンシャル、好条件を生かし切れていない!
  面的再開発と道路・鉄道の交通インフラ整備が待ったなし!ということですね。
 マミーズ太宰府店があった建物本体、公共施設も老朽化が激しく進んでるけど、
  こちらの方も待ったなしと思うよ。
 五条地区の再開発の核となる建物の再築も計画したいところですね。
 公共施設の再築にあたっては、上階をホテルや集合住宅として建設費を捻出
  する手法を研究してください。東京都の豊島区役所の再築を参考にしてみては。
  チョと話がデカ過ぎるかな・・・他市の成功事例を参考にしてみましょうよ!
  木村議員、ボケっとしてないで!


五条再開発③

●今回の集会の結論です
突然のマミーズ太宰府店の閉店で、五条地区のまちづくりが動き出します・・・
というより、もう動かざるを得ない状況です。
選ばれる街を目指して、五条地区の再開発・基盤整備を視野に考えるのですが、
これはもちろん、長期的な最終目標でありまして、
先ずは、当面の空き店舗対策に注力せよ!ということになりました。


人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

PROFILE
1964年 福岡市生まれ

●おもな学歴
1977年 佐賀市立勧興小学校 卒業
1980年 福岡市立住吉中学校 卒業
1983年 福岡県立福岡高等学校 卒業
1988年 北海道大学 農学部 卒業

●おもな職歴
1989年 北海道開発庁 北海道開発局
1993年 民間会社勤務
1995年 財団法人 久留米市開発公社
1996年 久留米市役所
2014年 久留米市役所 退職
2015年 太宰府市議会議員
ギャラリー
  • ●太宰府市民力通信(第29号)
  • ●太宰府市民力通信(第29号)
  • ●太宰府市民力通信(第28号)
  • ●太宰府市民力通信(第28号)
  • ●太宰府市民力通信(第26号)
  • ●太宰府市民力通信(第26号)
  • ●太宰府市民力通信(第25号)
  • ●太宰府市民力通信(第25号)
  • ●太宰府市民力通信(第24号)
  • ライブドアブログ